Indigo Girls, Rites of Passage (1992)

14 2月

51t4YBUjGhL

GalileoとRomeo and Julietがとにかく素晴らしくて、たいていその2曲を聴いたら止めてしまうのだけど、すごくひさしぶりに通して聴いた。どの曲も悪くはないし、けっこう録音もいいことがわかったけど、やはりこの2曲が際立ってるな。

ちなみにちょっとネットを検索して、Romeo and Julietの歌詞がどういう話なのか、ようやくちゃんとわかった。金持ちの男に走った女に貧しい男が歌いかける歌なのか。ここに説明がある。なるほどねえ。解説見ないとわからんよ。Amy Rayのバージョンは、Dire Straits好きの人からしたら大げさすぎると感じるのかもしれないけど、オレはすごく好き。数多あるカバー曲の中でもこれは最上の部類だと思う。

Galileoのほうは、YouTubeにこんな動画がある。たぶんライブの最後なのだけど、すごくいい雰囲気。この場にいたら楽しいだろうな。

7/10

Amazon.co.jpの商品ページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です