Willie Nile, The Streets of New York (2006)

21 3月

NewImage

ランニングのお供に。ボーカルはいまいちだし、曲もどこかで聴いたような感じのものが多いけど、どの曲もなかなかよい。一番印象に残るのは、Eddy Grantの、というかClashの13だったりするのだけど。ほかのアルバムも買ってみるか。

(更新2017/11/23)何度か聴くうちに、これはとてもていねいにつくられたよいアルバムだということがわかってきた。曲によってはHootersを連想させるのだけど、過去のアルバムには実際参加しているのだな。東海岸つながりなのか。

8/10

Amazon.co.jpの商品ページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です