John Hiatt, Slug Line (1979)

4 4月

しばらく前にたまたま新幹線の中でひさしぶりに聴いたら、すごくよくて驚いた。音はショボいけど曲がバラエティーに富んでいてかつどれもキャッチー。まとまりがないと言えばないけど、意気込みと勢いは十分。90年代以降の次第にフォーク的になっていくものよりも、このコステロもどき路線の方がはるかに魅力的。個人的には3番目に好きかな。ちなみにベスト2はBring the Familyではなく、Slow TurningとRiding with the Kind。

9/10

Amazonの商品ページ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です