Darlene Love, Introducing Darlene Love (2015)

22 12月

81lNXcKYXvL._SL1500_

Steven van Zandtプロデュースということで言えば、Gary U.S. Bondsの80年代のアルバムのようなものなのだけど、それとか、Southside Johnnyのアルバムとかと比べると、なんか60年代音楽への愛情が感じられないな。いい曲はいいのだけど、曲によっては信じられないくらいアレンジがダサい。ホントにLitte Stevenがプロデュースしてるのか?最後のゴスペル曲を聴くと、彼女の力量がすごいのはわかるので、もったいないな。

6/10

Amazon.co.jpの商品ページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です