トレイルラン(高尾山口ー多摩センター)

28 3月

カメラを持っていかなかったので自分用メモだけ。

草戸峠への尾根から清掃工場へのルートがわかりにくい。有刺鉄線に囲まれた拓殖大学の土地に沿って下っていくルートは、正しいルートの一つ手前。正しいルートは青少年センターへの標識がある、次の分岐。その分岐から散策ルートの案内表示をたどっていくと、山桜のおかというところで行き止まりになってしまう。少し戻ると谷に降りるルートがあるが、ここを降りたら大戸でマチガイだった。もっと手前で尾根が左に分岐していて、そっちに進むのが正解だったようだ。正しいルートは市境なので、市境の大きな石を手がかりにすべきだった。

たぶんこの標識は行き過ぎたところ。

法政大学ジョギングコースはすばらしい。ゴルフコースに行く手を阻まれるのが興醒め。ゴルフコースに沿って右に進み、学校の裏手からいったん町田街道に出て、トンネルを抜けて家政学院大のところに出るのがセオリーだと思うが、もうすこしよいルートはないものか。

七国峠への入り口はこんな感じで、案内板があるが小さいのでわかりにくい。

七国峠には大日堂があるが、表示によれば峠そのものはもう少し先。本当か?いずれにせよ、峠の表示のところで東に進む。

左手の住宅地が見えなくなった先に、左に小さい道、右に大きな下りの道という分岐がある。右に進むと作ヶあらくの集落に出る。左に進むと御殿峠へのルートにぶつかるはず。

集落に出たら左に進み、集落の一番奥の道を右に進む。そうするとトレイルへの入り口がある。標識はない。

ちょっと進むとT字路になるので、左に進むと16号バイパスへの道。

最後のトラップは長池公園から多摩センターへのルート。長池公園からせせらぎ緑道を進むと京王堀之内に出るが、京王堀之内と多摩センターの間にはゴルフコースがあって、ものすごい迂回を強いられる。しかもアップダウン大。長池公園から尾根幹線方向に進んで、からきだの道を通るのがたぶん正解。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です